逆SEO対策を行ううえで、最も大切なのは質の良いコンテンツを作ることです。コンテンツのクオリティーが低いと、逆SEOのサイトやブログが「不自然」「有害」と見なされて、失敗に終わる可能性が高くなります。また、Googleなどの検索エンジンからペナルティを課される恐れがあります。そればかりか、一般のネットユーザーから不当な検索操作やもみ消し工作との批判を受け、炎上や誹謗中傷の拡散といったレピュテーションリスクが高くなります。

内容のある動画をYoutubeへ

逆SEOのコンテンツの一つが、Youtubeの動画です。Youtubeは最も簡単にGoogle検索の上位に行きやすいSNSの一つです。Youtubeに動画をアップし、チャンネル名や動画のタイトル名に「会社名」「個人名」などを記入しておけば、社名検索や名前検索で1ページ目に表示される可能性が高くなります。

動画コンテンツの質

Youtube等に投稿する場合も、コンテンツの質を高くすることが大切です。質の悪いビデオや内容の薄い動画だと、検索結果から排除される恐れがあります。検索結果に長期にわたって表示され続けることが難しくなります。

文章を書き分ける

不自然なサイト

逆SEOを成功させるためには、いろいろな種類の文章を書く必要があります。同じような文章を書いても、検索順位は上位にいきません。焼き回しのようなブログやSNSを大量生産しても不自然であり、Googleなど検索エンジンのロボットから評価されないということです。 文章はサイト(ドメイン)ごとに内容を変えて、上手にかき分ける必要があります。そのためには作り手の「発想力」「表現力」「執筆力」が求められます。

発想力がないと・・

制作側の発想力が貧弱だと、とても不自然なサイトやブログ、SNSがたくさんできあがってしまいます。それは大きなイメージダウンであり、レピュテーションリスクの増大につながります。 逆SEOを展開するうえでは、まず大前提として、まず「なぜこの人または会社が複数のブログやSNSを展開しているのか」ということを説得できるような理由付けができなければなりません。

リッチコンテンツ

逆SEOの成功には、リッチコンテンツが不可欠です。リッチコンテンツとは、かつては動画や音楽などの大容量のコンテンツのことを指していましたが、今は違います。もともと「リッチ」は贅沢なという意味であり、ひと段落上の面白さやユニーク性を持ったコンテンツということになります。テキストだろうが画像だろうが、内容的なクオリティーの高さが重要になります。

娯楽性を持たせる

リッチコンテンツを実現するコツは、娯楽性を持たせることです。すなわち、読む人の知的好奇心にこたえたり、一つのテーマを的確に追及したりすることです。例えば難しい歴史の話や科学の話でも、分かりやすいコンテンツを書き、しっかりとテーマ性を持たせて構成すれば、面白くなります。すべては「作り手」や「書き手」のスキルとやる気次第です。 なお、娯楽性というのは、物事をセンセーショナルに書き立てるのとは違います。地上波の民放テレビで取り上げているような芸能人ネタや芸能ニュースを追いかけて、それをツリにして逆SEOを成功させようとしても、それはかえって発注者のイメージダウンにつながるだけです。

メディア

難易度の高い逆SEOを展開する場合、メディアを作ることが大切です。メディアサイトを立ち上げ、その冠として企業名などをつけます。そのメディアサイトが人気を集め、検索から高い集客を得るようになると、会社名の検索でも上位に表示されるようになります。こうした自社メディアを「オウンドメディア」といいます。

マーケティングツール

アクセス数の多いメディアサイトを構築すると、協力なマーケティングのツールにすることができます。それ自体が広告や宣伝の媒体になります。また、アクセス解析によって、消費者の需要動向やニーズを的確につかむことができます。

逆SEOの問い合わせ